横浜のオーダースーツショップカタログ » 【FAQ】オーダースーツのよくあるギモン » 既製品とオーダースーツの違い

既製品とオーダースーツの違い

ビジネスシーンだけでなく、近年ではプライベートやソーシャルシーンでも男性は必ず必要になってくるスーツ。

既製品のスーツは、男性の平均的な体型をもとに作られ、購入してすぐに着られる状態で販売されています。一方、オーダースーツはその人の体型や好みに合わせて作るスーツで、素材も選べることが多いです。ここでは、オーダースーツと既製品の違いやメリット・デメリットを紹介していきます。

既製品とオーダースーツのメリット

既製品スーツのメリットとは?

既製品のスーツは、標準体型の人ならサイズ感を多少調整する程度で、すぐに手に入れることができます。また既製品は工場で大量生産が可能なため、オーダースーツより安く購入できるのもポイントです。

オーダースーツのメリットとは?

自分の体型に合わせて作ることで、細かなシルエット調整や、生地やデザインなどのこだわりを取り入れることができます。また、体型のコンプレックスをカバーすることも可能で、スーツをより美しく着こなせます。

そもそもフル、イージー、パターンの違いは?

フルオーダー

テーラーが体型を丁寧に採寸し、その人に合った型紙を作成。その後生地の裁断から縫製まで全て手作業で行われます。最も手間とお金のかかる方法ですが、その分ジャストフィットの美しいシルエットを叶え、ボタン・記事・裏地・ステッチ・形など全て自分の好みに仕上げた一品を手にできます。またスーツにも流行がありますが、フルオーダーならトレンドに左右されないタイムレスな衣服として長く愛用できます。

イージーオーダー

イージーオーダーの定義はその店によって差がありますが、一般的にフルオーダーとパターンオーダーの中間をとった方法です。ゼロから体型を採寸するのではなく、工場が持っている型紙をもとに自身の体型に合わせて調整していきます。生地は好きな物を選べることが多く、フルオーダーほど手間がかからないため、比較的安価で手軽に自分にぴったりのスーツを手に入れることができます。

パターンオーダー

既製品の中で最も自分に合ったものを選び、着丈・袖丈・ウエスト・裾の長さなどスーツの一部を調整する方法です。上下とも縦の長さは調節できますが、肩幅や胸まわりなどの横幅はサイズ変更できません。お店によってはボタンなどの装飾品を変更できる場合もあります。既製品を試着しながら調整できるので、仕上がりがイメージしやすく、オーダースーツの中では最も安価でスピーディーに購入できます。

「生地や細部にこだわる」なら
個人サロンが◎
EVERS SUIT
横浜のオーダースーツショップ・EVERS SUIT公式HPキャプチャ
引用元:EVERS SUIT公式HP
(https://www.evers-suit.com/)
生地 2,000種類
価格 35,000円~
EVERS SUITの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

「リーズナブルな価格で選ぶ」なら
チェーン店が◎
オーダースーツSADA
横浜のオーダースーツショップ・オーダースーツSADA公式HPキャプチャ
引用元:オーダースーツSADA公式HP
(https://www.ordersuit.info/)
生地 130種類
価格 24,800円~
オーダースーツSADAの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

横浜駅のオーダースーツショップカタログ

「個人サロン」「チェーン店」どちらを選ぶかでも自分に合ったスーツを作れるかも変わってきます。生地と価格でおすすめショップを紹介します。

30代ビジネスマンが
予算10万円でオーダースーツを作ってみた!