横浜のオーダースーツショップカタログ » 【FAQ】オーダースーツのよくあるギモン » シーン別オーダースーツの選び方

シーン別オーダースーツの選び方

オーダースーツを仕立てる際には、着用するシーンに合わせたオーダーが必須。ここでは、着用シーン別にどんなスーツを着るべきか、選び方からマナーを紹介します。

ビジネスシーンで着用するオーダースーツの選び方

ビジネスで着用するスーツは、シーンに合った色や柄を選ぶのがポイントです。まず、色はきちんとした印象のあるネイビー・グレー・ブラウンの3色から選びましょう。黒はリクルートや冠婚葬祭のイメージがあるためビジネスには不向きです。次に柄は、無地もしくはストライプ等、派手すぎないものがおすすめです。また、サイズはやや細身、パンツの裾はたるみが出ない長さに仕上げることで、スマートな印象になります。

デートで着用するオーダースーツの選び方

ビジネス用のスーツを基本に、遊び心を持たせたデザインがおすすめです。例えばおしゃれな印象のある3ピース、チェック等の柄が入った生地、光沢感のある生地、ストライプにピンクや赤などの色を入れるなど、ビジネスほどきちんとしすぎない、“大人の余裕”を感じるものが女性から人気があります。サイズが大きすぎたり、逆にタイトすぎて太って見えたりするような体に合わないスーツはNGです。

フォーマルな場所で着用するオーダースーツの選び方

冠婚葬祭で着用するフォーマルなスーツは「礼服」とも呼ばれ、着用シーンは結婚式などの慶事、葬式などの弔辞の2つに分けられます。礼服の色は深いブラックで、ツヤや柄のない生地を選びます。またフォーマルな席は年に何度もあるわけではないので、数年間は着られるよう、ややゆとりを持ったデザインにしましょう。喪服と礼服は厳密には違い、慶事は遊び心のあるスーツを着用しても問題ありませんが、慶弔どちらでも使用できるブラックスーツを1セット仕立てておくと便利です。

カジュアルな場所で着用するオーダースーツの選び方

ピシッと決まったスーツもかっこいいですが、職場環境によってはカジュアルなスーツ着用が認められています。例えば、「ジャケパン」と呼ばれる異なる色や柄のジャケットとパンツのセット、麻などのカジュアルな素材を使用したもの、肩パッドを使用しないものが人気です。カラーもさまざまで、中に着るシャツとの組み合わせも楽しめるスーツを選びましょう。ただし、派手すぎたりリラックス感が出すぎたりしない、スーツの品格を保ったものをオーダーするのがポイントです。

「生地や細部にこだわる」なら
個人サロンが◎
EVERS SUIT
横浜のオーダースーツショップ・EVERS SUIT公式HPキャプチャ
引用元:EVERS SUIT公式HP
(https://www.evers-suit.com/)
生地 2,000種類
価格 35,000円~
EVERS SUITの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

「リーズナブルな価格で選ぶ」なら
チェーン店が◎
オーダースーツSADA
横浜のオーダースーツショップ・オーダースーツSADA公式HPキャプチャ
引用元:オーダースーツSADA公式HP
(https://www.ordersuit.info/)
生地 130種類
価格 24,800円~
オーダースーツSADAの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

横浜駅のオーダースーツショップカタログ

「個人サロン」「チェーン店」どちらを選ぶかでも自分に合ったスーツを作れるかも変わってきます。生地と価格でおすすめショップを紹介します。

30代ビジネスマンが
予算10万円でオーダースーツを作ってみた!