横浜のオーダースーツショップカタログ » 【FAQ】オーダースーツのよくあるギモン » オーダースーツのクリーニング方法

オーダースーツのクリーニング方法

公開日: |最終更新日時:

スーツは、「クリーニングに出しすぎると生地が傷むのが早い」といわれています。そのため、クリーニングの頻度について悩む人が多くいるのではないでしょうか。ここでは、オーダースーツをクリーニングに出す頻度や注意点などについて解説しています。

オーダースーツをクリーニングに出す理由

オーダースーツを、クリーニングに出す理由は主に以下の2つがあります。

汚れを取る

スーツを着用すると、汗などの汚れが生地に付着します。そのまま汚れを落とさずに放置すると、汚れが酸化や変色を起こしてスーツ全体が傷みます。汚れを放置することで生じる傷みを防ぐには、スーツをクリーニングに出して汚れをきちんと落とすことが必要です。

形を整える

スーツを着用すると、しわができます。オーダースーツの主原料はウールであり、着用後に吊るしておくとある程度のしわはとれるという性質があります。しかし、しわを完全に取らないまま着続けると、形状が回復しない癖がついてしまう可能性があります。スーツの余計なしわを防ぐために、定期的にクリーニングに出して形を整えます。

クリーニングに出す頻度

冒頭のとおり、オーダースーツは、クリーニングに出しすぎると生地が摩耗して傷みが早くなるといわれています。そのため、クリーニングに出す頻度には注意が必要です。

スーツのクリーニングの頻度は、基本的に1シーズンに1~2回程度です。ただし、春や夏は気温や湿度が高く、汗をかきやすい状態にあるため、2週間に1度はクリーニングに出した方が良いでしょう。汗や皮脂をそのまま放置しておくと、においや黄ばみの原因となるため、ほかの季節よりもこまめなクリーニングが必要です。

秋や冬は汗をかくことが少なくなるため、1シーズンに1度の頻度でクリーニングに出します。ただし、着た後の汚れ落としなど手入れが苦手な人は1カ月に1回程度出しても良いでしょう。

上述の頻度は目安であり、着る回数や仕事内容などによりクリーニングの頻度は異なります。また、雨や雪などで濡れた時や食べ物の汚れがスーツに付いた場合は、シミや生地の傷みになるため、すぐにクリーニングに出して水分や汚れを落とすようにしましょう。

クリーニングに出す際の注意点

スーツをクリーニングに出す際は、ポケットの中に物が入っていないか必ず確認します。見落としがちな内ポケットにも注意しましょう。

また、シミなどがないか全体を事前にチェックし、あった場合はクリーニング店に伝えます。事前にスーツの状態を伝えておくことで、適切な手入れをしてもらえるでしょう。

「生地や細部にこだわる」なら
個人サロンが◎
EVERS SUIT
横浜のオーダースーツショップ・EVERS SUIT公式HPキャプチャ
引用元:EVERS SUIT公式HP
(https://www.evers-suit.com/)
生地 2,000種類
価格 35,000円~
EVERS SUITの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

「リーズナブルな価格で選ぶ」なら
チェーン店が◎
エフワン
横浜のオーダースーツショップ・エフワン公式HPキャプチャ
引用元:エフワン公式HP
(https://www.f-one.co.jp/)
生地 2,000種類
価格 29,800円~
エフワンの公式HPで
スーツスタイルを確認する

電話で来店予約をする

※当サイトに掲載されているオーダースーツショップ20店の中から、
・生地数が2000枚以上
・パターンオーダー
・納期日数が約1か月以内
に対応しているショップを2店舗紹介しています(2021年5月調査時点)
横浜駅のオーダースーツショップカタログ

「個人サロン」「チェーン店」どちらを選ぶかでも自分に合ったスーツを作れるかも変わってきます。生地と価格でおすすめショップを紹介します。

30代ビジネスマンが
予算10万円でオーダースーツを作ってみた!